季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヒロイック・エイジ 第18話 「勝利の日」。

 イオラオスって何気強かったんだね…。 いつも戦うシーンがないがゆえにその強さは未知数だったわけですが。今回、ついにそのベールを脱いだ。 対アリとはいっても圧巻の強さ。 うん、すばらしい。 少しばかり見とれてしまうような強さ。 伊達にエイジにライバル宣言を吹っかけけるわけではないわけだ。

 最後、思い話になってしまったのが残念。勝利に酔ったまま銀の種族との決戦でよかったんだけど…。 虐殺行為に対し、怒りを覚えるイオラオスも男前だったね。  始めてイオラオスのすごさってのを実感したよ。 

 つってもイオラオスに日が当たったのも今回が初めてだったのかな。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

ヒロイック・エイジ | コメント:0 | トラックバック:2 |

ヒロイック・エイジ 第17話「報復の軍勢」 。

 あれ? あのバカ兄弟が指揮を執っている。 あれあれ?あいつらって軟禁されてるんじゃなかったのですかぃ? 見るだけで虫唾が走るから、画面上に出てこないで欲しいってのが本音。  この本音は、製作者がわの思う壺ってやつですかね。 艦長さんが、視聴者の意見を口に出してくれたのにはスッキリしたわぃ。 さんくす艦長。

 イオラオスとアネーシャがいい感じになってますた。 こいつら兄妹じゃなかったのですか?って言うのは場違いってか勘違いだったりするのかな。 まぁ人間が宇宙に出る頃には、そんな法律どうにかなってるのか。

 そしてそして、来週あたりについについに、あのノドスが登場か!? やたらと強いで有名なあの御方の強さとはいったい!?

 他にも書きたいことあるけど、まとまらねぇ…orz これだから口下手はいやなんだよ…。
ヒロイック・エイジ | コメント:0 | トラックバック:2 |

ヒロイック・エイジ 第16話「幾つの定めを超えて」 。

 メヒタカ、ゲットだぜ!! 

 地球に到達。 おめでとう人類。やっと君たちの故郷を取り戻すことができたね。

 そして、姫おめでとうございます。貴方の相手をいたわる心遣いのおかげで相手側のノドスをこちら側につかせることができましたぞ。

 これで鉄の種族は、二人目の英雄の種族をその手中に収めることに成功したわけだ。 これもすべてに、姫様の人徳がなせる業ということでしょうね。 あの愚かな二人兄弟にも見習って欲しいかぎりです。

 銀の種族側も色々と大変そうな、今日この頃。 種族内でも揉め事だし、メヒタカは敵側に付いちゃうし。 こちらも前途多難な予感です。

 最近、ユティ様人間らしくて愛らしいヨ。 あの心の中で葛藤を抱えている表情とかすばらしい。 あのカルキヌスにツンツンとそっけない態度をとる姿とかもぅ…。  それよりカルキヌス。もう少し空気読めよ。 流石に鈍感っても…ねぇ?。 

 最後に、契約の数はノドスの強さに比例するのかな? とか考えてみたり。

テーマ:回想 - ジャンル:日記

ヒロイック・エイジ | コメント:0 | トラックバック:4 |

ヒロイック・エイジ「光降るとき」。

 おそろしかー、狂乱のベルクロス。 あの大きなやさしい面影は何処に…。 今いるは、憎悪に蝕まれたその壊人のみ。 もの前にある生ける者すべてを壊しつくそうとするまでに。 といったところでしょうかね。  俺のこの手が真っ赤に燃える、貴様を倒せととどろき叫ぶ!!って見ながら声あてをしてました。 うんうん これもまたひとつの楽しみ。 

 今週ノドス一人脱落のようですね。 メヒタカお疲れ~ってところです。 契約を果たすと自由になれるってわけですか。 そしてカルキヌス、貴方には事故治癒能力があったのっですか、しかも高性能の。 だから今まであれだけベルクロスにやられてきたのに死ななかったってわけなんだね? 納得です。 後付けっぽいけど…。 

 今週最終回的な雰囲気だったなぁ。地球にも戻ってきたし。 エイジとディアネイラはいい感じだし。 これからどうなるんでしょうかね。
ヒロイック・エイジ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヒロイック・エイジ 「荒ぶるもの」。

 うひょー。レクティの能力の暴走に巻き込まれても死なないとは… えぇぃ、英雄の種族は化け物かっ!! すごいですね。こうなるとしばらくの間英雄の種族は欠けることはなさそうですね。 そうなると戦闘に緊迫感がなくなっちゃうんだよな…。見せしめに誰か殺ってくれないと(殴)

 そしてベルクロス暴走。 噛み付くシーンには某人造人間を思い出させましたな。 大してグロクモなかったわけだが。 意識してるのかな?赤く光るオーラを放つベルクロス、不気味だった。

 そして姫様立ったー。 ついにあの憎たらしい兄上様を拘束、ついに舞台からあの二人が姿を消すと思うと嬉しくてしょうがないですな。 あのまま銃で撃ってくれたりしたら気持ちもすっきりするのだけれど。

 イオラオスかっこよかったぞ。 姫様の前で片膝をつき、一番に姫様に言葉をかける姿なんとも凛々しくすばらしかった。まさに騎士というべき姿であった。 これでイオラオスのお株も急上昇間違いなしだな うん。

 

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

ヒロイック・エイジ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヒロイック・エイジ「破滅の炬火」。

 ついに開戦。 鉄の種族VS銀の種族。 鉄の種族こと人間たちはずいぶんとはっちゃけたことをしてくれたようで…。

ジュピター崩壊!!
 
これも一言にお馬鹿な二人兄弟のおかげなのだが、どうして兄弟とディアネイラとであんなにも性格が違ってしまうのかね。 これも人類の神秘というやつか。 一気に押し切るのかなぁとか思ってたけどぜんぜん。 逆に押し込まれてるジャン…。 先週に無血勝利うんぬんといってた割にはだめだめでしたな。 まぁ見えすぎたことだけど。

 そしてノドスといえば、カルキノスのリベンジマッチスタート。  かと思いきやエルマントスという新たなるノドス登場。 これによって、ベルクロスVSカルキノス&エルマントスという構図に。 1:2という不利な状況に加えて、エルマントスは何でも時間を操ることができるようで。 なんとも卑怯臭い能力ですな。 肉弾戦では弱そうだから、肉弾戦にもっていけばベルクロスにも分があるかも。

しかーし、肉弾戦になる前に、時間の遡行を使われて返り討ちにという結果になるには見え見えですね。 一度やったことをもう一度やることになるのだから、次どうなるがわかっている分、エルマントスに 分があるのは当然。

 さてさてベルクロスどうなるのやら、キョウトウがおきて引き分けにでもなるのかな。 それとも姫様が何かをしでかすのか!? 来週も楽しみです。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

ヒロイック・エイジ | コメント:0 | トラックバック:5 |

ヒロイック・エイジ「輝きの星」。

ノドスが二人以上戦うと起こるキョウトウ。どういう感じ書くんだろ?共闘?狂騰? どういう意味なんだか。  ゆえに以前の戦いでカルキヌスとの1:1だったわけだ。そこらへん腑に落ちなかったから納得。だけど、複数:1になったらエイジに勝ち目、ないきがするのだけれど。対カルキヌス戦でもいっぱいいっぱいの様子だったはずだけど。。。 エイジに何か必殺技があれば話は変わってくるだろうけど。

 そして、なにげ銀の種族にも思いやりというものがあったんですな。と。 
ヒロイック・エイジ | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。