季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヒロイック・エイジ「時空流の戦い」。

 今回はノドス同士の戦闘がメイン。 エルマントスの能力とはいったいどれほどのものなのか!?

 実際見てみるとどうもいらいらするな。 結局は同じ場面を二回見せられることになるからなぁ。 しょうがないといったらしょうがないんだろうが。 エルマントスの能力は、時間を遡って相手の隙を見つけ、そしてそこを突く!!といったものの様子。 しかーし、流石は我等が最強のノドスことベルクロス。そんな隙すら相手に与えない。 後ろから敵の投擲がこようが、虫にへばりつかれ身動きが取れない状態のところに投擲されても受け流してしまうという圧倒的な強さ。 うん、恐れいったよ。 エルマントスの持ち主?が化け物め!!と思わずつぶやいてしまうほどの強さですからね。 どれだけの強さかも一目瞭然ですな。

といっても、ダメージは蓄積されるみたいで、最後はエルマントスの能力の暴走により、相打ち。結果は来週にとのこと。  うん、どうなったか気になるな。 次回予告からするに、ついに狂乱が起こってしまう雰囲気だったし。  狂乱が起こったとしたら誰が止めるんでしょうね?
スポンサーサイト

映画・アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<瀬戸の花嫁 第13話「ある愛の詩」。 | HOME | 改変期ですよ、ちばテレビいいなぁ。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。