季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

灼眼のシャナⅡ 第23話 「危難の胎動」の感想。

オリジナルですね。
うーん、この流れだと、今期で終わりって事にはならないのかな?
ベルペオレ出てきてないし。

でも結構面白いんじゃないかしら?
最後だし、気合入ってる雰囲気でしたよね。
ところどころに設定ごちゃごちゃになってる気がするけど・・
そこらへんはスルーの方向で。

戦闘シーンもなかなか良く動いてたよねー。
シャナもしかり、ヴィルも然り。
千変を視覚する戦闘は初めてなので、結構楽しみなんですが。
どれくらい原型をとどめておけないくらいに変わるのかとかね。
ヘカテーは「アステル」しかいわなそうだからな・・・。
正直あんまり期待はしてないっすw

マー様早速脱落ですか・・・。
トーガ纏ってないのに出番が終わりとか悲しすぎますよ;;
せめて千変と一悶着あって欲しかった。
かつての弟子の仇でもあるだけにね。
そのための布石としてのニューヨークの過去話じゃなかったのかしら?
それとも、次回いいところで復活なのかな?

スポンサーサイト

テーマ:灼眼のシャナⅡ - ジャンル:アニメ・コミック

灼眼のシャナⅡ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<機動戦士ガンダム00 第24話「終わりなき詩」の感想。 | HOME | ドンマイ平野。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

灼眼のシャナII 第III巻 御崎市に突如現れた、この世のものではない“殻”。その中に悠二の存在を感じたシャナだが、マージョリーの自在式だけでなく、ヴィルヘルミナのリボンですらその殻には傷一つ付けられない。これほど大掛かりな仕掛けを施せる者とは誰か?シャナ... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。