季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

灼眼のシャナⅡ 第21話 「合わさる力」の感想。

今回、凄い気合はいりまくりだな。
最終回以上のでき何じゃないかって思うくらいに、
今までにない盛り上がりを見せたわけだ。
途中でジョイントまで流しちゃって、乗り乗りだったわ。
まさか曲を入れてくるとは思ってなかったから驚いたな。
しっかり動くアニメーションだったし、すごく満足。
やっぱし原作って偉大だなぁ。

サブラク編の戦闘だけ見てみると、誰が主役かわからなくなるよね。
なんたってほとんど出てきてなでてきてないじゃない?シャナが。
最後の一撃は決めたにしたって、おいしいところは圧倒的にヴィルヘルミナに持っていかれたよなぁw
曲が入ってきたのもヴィルのあいずで だったし。
まぁ、三人のフレイムヘイズがまとまって闘う姿は壮観だったけどねー。

シャナが不器用に見える。
火力は確かにある。 だけどどれだけに見えた;;
ヴィルヘルミナの後の出番だったからしょうがなかったのかもしれないけどさ。
刀で切りつけるだけ ってなんだかさびしいよなぁ。
もうちょっと、多彩な攻撃が見たかったわ。

それと、体育すわりはないよ シャナ。
そこあけが、どうも浮いていたシーンで印象的だったw
スポンサーサイト

灼眼のシャナⅡ | コメント:0 | トラックバック:2 |
<<機動戦士ガンダム00 第22話「トランザム」の感想。 | HOME | 第453回 プレゼント付☆「好きなキャラクターっています?好きな雑貨屋ってありますか?」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 サブラクとの激しい戦いの中、疲労の色を見せたヴィルヘルミナの絶体絶命の危機に、紅蓮の炎と共にシャナが躍り出る。時とともに受けた傷を広げていく自在法『スティグマ』。そのため他のフレイムヘイズは動けないと思っていたサ …
灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】 サブラクとの激しい戦いの中、疲労の色を見せたヴィルヘルミナの絶体絶命の危機に、紅蓮の炎と共にシャナが躍り出る。時とともに受けた傷を広げていく自在法『スティグマ』。そのため他のフレイムヘイズは動けないと思っていたサ …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。