季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

機動戦士ガンダム00 第9話「大国の威信」 の感想。

ロックオンって双子の兄弟でもいるのかな?
「あの人」って言ってたから嫌み憎んでいるようではなかったけど…。

んで今回は人革連のセルゲイ中佐の見せ場ですね。
見てるこっちもだまされたわ。
まさかガンダムの鹵獲を狙っているとは思ってもいないっすよ。
確かにいつだったかに、鹵獲しろ とかも言ってたきもするしね。
ロシアの荒熊の名は伊達じゃないねw

うー 高校の授業とかで、
スメラギ先生の戦術の授業やってくれればよかったのにな~
絶対面白いってw

それにしても、今回面白かったな。
初めての母艦撃墜の危機ってことで緊張感あって。
そんでその裏には、もうひとつの狙いがあるってのもいいよね。
やっぱしガンダムはこうでなくっちゃな。
さすが、人革だよw
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

機動戦士ガンダムOO | コメント:0 | トラックバック:4 |
<<ハヤテのごとく! 第36話「クラウスは倉臼と書いて日本人」の感想。 | HOME | 灼眼のシャナⅡ 第9話 「哀しみのマイルストーン」の感想。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

 先週のガンダムOOは、まさに殲滅しまくりの展開でした!!!  でも、あまりの殲滅ぶりに、ついに一部勢力が壊滅に向けて動き出しました!!!  ... …
品質評価 13 / 萌え評価 35 / 燃え評価 54 / ギャグ評価 8 / シリアス評価 38 / お色気評価 5 / 総合評価 26レビュー数 271 件 第9話 「大国の威信」 のレビューです。 …
機動戦士ガンダム00 (1)ソレスタルビーイングが武力介入を開始してから四ヶ月の時が過ぎようとしていた。人々は好むと好まざるとに関わらず、彼らの存在を受け入れていく。ソレスタルビーイグを肯定するもの、否定するものどちらの気持ちも戦争を否定するという意味では.... …
機動戦士ガンダム00 (1)ソレスタルビーイングが武力介入を開始してから四ヶ月の時が過ぎようとしていた。人々は好むと好まざるとに関わらず、彼らの存在を受け入れていく。ソレスタルビーイグを肯定するもの、否定するものどちらの気持ちも戦争を否定するという意味では.... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。