季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

灼眼のシャナⅡ 第7話 「池速人、栄光の日」の感想。

池のキャラの変わりように爆笑w

そんでもってドン引き。

キモ過ぎるよ池。


まぁアニメはアニメ、原作は原作ってことで、
割り切ってみるのが大切だよね。

今週のワンシーンで、
池とヴィルが電話で話してるシーンがあったけど
アレでピーンときたわけです。

もしかしてあの二人って気があうんじゃない?
似たもの同士って事でさ。(原作の場合ね)

話の切り替え方(絵をところどころ入れる)とか巧いなぁって思ったよ。
その反面、
次回予告の仕方が下手だよね。
「来週も見ようっ」って気にはなかなかならなそう。
スポンサーサイト

テーマ:灼眼のシャナ - ジャンル:アニメ・コミック

灼眼のシャナⅡ | コメント:0 | トラックバック:2 |
<<機動戦士ガンダム00 #7話「報われぬ魂」の感想。 | HOME | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第7話「追憶―水面に映りし心―」 の感想。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

品質評価 14 / 萌え評価 57 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 33 / お色気評価 50 / 総合評価 27レビュー数 54 件 &nbsp;「シャナと一緒に戦う」そう悠二は言った。共に戦うために鍛えてもらおうと自ら申し出た、それが認められただけではない。シャナにとって、 …
灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】暗闇にシャナが縦横に振った剣先がきらめき、その刹那、魔物たちの断末魔が響き渡る。だが、シャナの手に握られていたのは贄殿遮那ではなく、そんなシャナを暗闇の外で迎えたのも悠二ではなかった。そう、シャナたちは、史菜に遊園地... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。