季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BAMBOO BLADE 第7話 「寿司とメンチカツ」 の感想。

こうしてキリノ部長は

敵部員さえもえさ付けするのであった。


迫力満点ですわ~

これが KENDOU なのかw



にしても
敵方の先生すげぇ。ピキーン ってニュータイプってるよw
剣道じゃなくなってるよ。
もうどこかのバトルアニメ級だよな。
それに打ち合えるタマちゃんもすごいのか。

武礼葉は伊達じゃないw

って事なんだろうね。
気になるね。
敵先生の強さ。
コジローの発言からも解るように、
相当なもんなんだろうな。


それにしても
タマちゃんの母上はどんな人だったんだろうな。
やっぱし剣道強かったんだろうな。
アレか、
剣道の世界では、上段の構えは強い人しかしないのかな?

スポンサーサイト

テーマ:バンブーブレード - ジャンル:アニメ・コミック

BAMBOO BLADE | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<灼眼のシャナ 16巻 の感想。 | HOME | みなみけ 第6話 「マコちゃん誕生」 の感想。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

BAMBOO BLADE練習試合の最後に相手チーム顧問の石橋と対戦することになった珠姫、大人相手に一歩も引かない珠姫に対して石橋が取った構えは…。やがて練習試合も終わり紀梨乃の持ってきたメンチカツをつまみながら和気あいあいとした雰囲気になる両チームの面々、その夜.... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。