季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

灼眼のシャナⅡ 第6話 「試練の前夜」 の感想。

ダラダラと暗~い感じで進んできたから、
やっと終わってスッキリしたわ。
マー様流石w
この憂鬱とした展開を一言で片付けてしまうとは。

何気にシャナとヴィルの絵が今までより綺麗にかけてる気がする。
ただの信者補正じゃないと思うんだけど…。
最近戦闘がないからしっかり作画できるのかな?

今回は綺麗に終わった気がする。
このまま、オリジナルは終わりにして
原作ストーリーに進んでくれればいいのに。

そういや池くん完全にはぶかれてるね。
佐藤もあんな思わせぶりな台詞をあのタイミングでいうかな~。
不用心にもほどがあるよ。
池君がグセに興味持ったらどないすんねん。

そんな池君が来週は当番のようっすね。
まだまだ続くのかな、オリジナル~。 
スポンサーサイト

テーマ:灼眼のシャナ - ジャンル:アニメ・コミック

灼眼のシャナⅡ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<機動戦士ガンダム00 第6話「セブンソード」の感想。 | HOME | NARUROーナルトー巻ノ四十  の感想。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】急遽、明日から行なわれることになった一斉テスト。その対策のため、緒方の発案で悠二たちは勉強会を開くことになった。メンバーは、一緒にお弁当を食べている仲間に、会場を提供してもらう佐藤と田中、そして史菜を加えた8人。勉強... …
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。