季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

NARUROーナルトー巻ノ四十  の感想。

NARUTO 巻ノ40 (40) (ジャンプコミックス) NARUTO 巻ノ40 (40) (ジャンプコミックス)
岸本 斉史 (2007/11/02)
集英社

この商品の詳細を見る


サスケVSデイダラ戦良かった。
暁編は好きだな。 特に戦闘が面白い。
今回は、サスケVSデイダラ 決着です。
ソレとついに暁のリダ登場です。

少年漫画といえば、やっぱし戦闘だよな。

以下感想。
ネタばれアリです。

デイダラも気に入ってたキャラだったんだよな。
まぁサスケくんに殺られるなら納得だったかな。

サスケ君強いな。
つかカッコイイわ。
これが写輪眼 なのか って感じで。

デイダラ戦前編は 強くなったサスケ お披露目って感じで、
後編である今回は、「写輪眼」 を使った頭脳戦 ってな感じでしょうかね。

デイダラもそこそこ強かったけども、
所詮サスケくんには勝てなかったわけだ。
さすがうちはの生き残りw
格が違うんだな。


状態変化と性質変化って後付設定だよな。
つか、弱点属性の設定ってなんだかズルイ気がする。


エロ仙人死亡フラグ~。
ペイン戦で死ぬな~これは。
ペインいったいどんな能力なんだろうな。
おそらく水遁使いだろうな。
最後出てきた六つの体は何なんだろうな。
サイボーグだったりして。

イタチの動向も気になる。
ナルとにいったい何吹き込んだんだ?

「イタチはマダラが生きていることを知っていた。そしてその野望も。
それにはとてつもない死が付きまとう。アイツの写輪眼に対抗できるのは『器』をもった奴だけなんだ。 だからうちはの中からソレを探したが見つからなかった。 残るは 可能性を秘めたサスケと俺 どちらかしか居ない。 戦い生き残ったほうが、マダラを止められる。 だから俺は アイツに 『憎しみ』 を持たせ 俺を超えるまで強くなるように導いたんだ。 俺はそのための礎でしかない。」

ってのが私の妄想。
なんだか うちは の奴らは憎めないんだよね。
憎みたくないってのが正しいかな。
何か裏があるとしか思えない。 
「背が少し伸びたか?」 とか普通聞かないだろ? 
少しでも愛着とかが無いと。 

殺したけど実はイタチはいい奴だった 的な 復讐劇にしてくれw


書きたいこと まとまんねー。


スポンサーサイト
マンガ・ノベル | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<灼眼のシャナⅡ 第6話 「試練の前夜」 の感想。 | HOME | ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第6話「再会―惹かれあう想い―」の感想。>>

この記事のコメント

ぜんぜん遅くなってもかまいませんよ。
書いてくださるだけでも感謝です。

やっぱり、皆さん思うところがあるんですね。
参考になリマす。
2008-01-09 Wed 22:31 | URL | 四季 #-[ 編集]
ネットサーフィンしていたらたどり着きました。
今更って感じでコメントしてよいものかと迷ったのですが・・・レビューの内容が気になったのでしてしまいました^^*
実ゎ最近40巻を読みました!
確かにサスケゎ強いと思いますが・・・やっぱ弱点とかずるいなぁって思いました><。
今までそんなこと戦いのなかで出てこなかったのに・・・しかもデイダラ、うちもお気にのキャラだったのでとてもショックでした^^;
まだまだ謎が多いので、いろいろと妄想しますよね☆
うちの妄想でゎ・・・オビト(トビの髪型から判断)の眼にマダラの車輪眼を移植した結果、マダラの意思がオビトを取り込み始めて(大蛇丸のように)2重人格ではないかと・・・(オビトのときは昔の記憶がない)
などなど勝手な訳のわからない妄想をしています´∀`
とゆうわけで意味不なコメントになってしまってごめんなさい!でもとっても参考になりました。
失礼します^^*
2007-12-30 Sun 15:48 | URL | あゆみ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。