季節廻る

暖かいと眠くなりますね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アニメ版 DEATH NOTE 最終回 の感想。

最終回だからついつい見ちゃった。 
映画とも、原作とも違う終わり方で一安心。
ライトの勝利ってことで、三作品の中では、一番ライト信者には嬉しい終わり方だったんじゃないかな。
最後のリュークの裏切りがなければ、新世界は完成していたわけだしね。
それだけに悔いの念は強いだろうね。

原作は、まだしっかり読んでないから今度しっかり読んでみよぉ。
ジャンプで最終回は読んだから、最後の結末はわかってるんだけどね。
映画版も、劇場で前後編見たから、しっかり覚えてるし。
どちらかというと映画版は、エルの勝利だったしね。

最後の、エルの墓標の前で狂ったように笑うライト。
良かった。なんていうか、勝利に酔った狂人って感じがゾクゾク伝わってきたし。 
声当ててるの玄人なのかな。よく知らない人だったけど。

結局、電波に乗せる以上、常識を崩さないために、ライトを殺したのかな。
結局、ライトの「新世界」ってのはどの作品でも実現されなかったのか・・・。
後日談見たいなので見てみたかった。 

こういった、「主人公が悪役」ってのが最近はやり始めてるのかな。
嫌いではないけど、最後絶対ハッピーエンドにならないのが、気に食わないよね。
スポンサーサイト

映画・アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第21話「粛正の街は涙に濡れて…(前編)」 | HOME | 生命の神秘。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。